プライベートを監視する同僚!?うつ病で働けなくなった看護師

悩む看護師
どんな職場でも、職場のスタッフとはうまく付き合っていかなければなりません。
看護師の職場は女性が中心のため、職場での人間関係が難しかったり、様々なトラブルが絶えません。
このサイトでは、職場での問題を抱えた人の体験談を紹介します。

これを見て、共感するもよし!
職場を変えるために行動するもよし!
今の職場に見切りをつけて、転職するもよし!
トラブルを抱えた今の状況から一歩前へ進むためのきっかけになれば嬉しいです。
看護師歴約10年の、37歳です。
現在は看護師を辞め、飲食店に勤務しています。育児の為に退職し、一段落し看護師に復帰しましたが、自身が鬱病を発症しドクターストップとなり休職し、そのまま病状が安定しなかったので退職しました。

同じ団地に住むスタッフにプライベートを監視される!?

自身が鬱病を発症したのは、生い立ちや様々な要因があったので、勤務先の状況が全てという訳ではありません。しかし、スタッフの一人が同じ団地に住んでいた事で様々な噂話を作り広められた事は、大きな嫌がらせと受け止めました。
母子生活をしていた私は、友人の中に男性も居りましたし、子供も二人共まだ幼かったので、男女限らず私の家に集い夕食を楽しんだり、時には子連れで遊びに来て私の家に泊まっていく友人もいました。
同じ病院で働くスタッフの中に、同じ団地に住んでいるものがいました。私達の家の中での様子を見ている訳でもないのに、まるで常に監視している様に、いつ・どんな人達が・何時頃まで家に来ていたなど病院内で口外して回るのです。丁度、鬱病を発症しドクターストップが出るまでは投薬治療を受けながら何とか働いていましたが、ついに監視され吹聴され続ける事に耐えられなくなりました。

支えになってくれた看護師長

看護師長は、親身になって相談に乗ってくれました。
初めは、個人名を出す事は控えていましたが、私の場合は明らかに病状の悪化も師長の目にも分かった様で、職場では人の目に入るからと勤務を終えてから電話をくれたり、家まで訪ねて来てくれたり必死に支えようとしてくれた事には感謝しかありませんでした。
師長に相談した事で、病院長から部署を変更する事と、今後の人事異動で彼女と同じ部署にはしないからと提案してくれました。

うつの悪化で退職へ。8年もの療養生活

師長をはじめ、病院長等からも温かい言葉を頂き、裏でサポートしてくれていたので、ギリギリまで頑張りたいと思っていましたが、当時は既に病状の悪化が進んでおり働き続ける事が出来なくなりました。ドクターストップとなり、8年間は自宅療養という状況でしたが、息子の高校進学に向けアルバイトという形で社会復帰を決めました。
母子生活でありながら、八年間の無職という理由を理解してもらう事が私には一番の課題でした。約1年前に、社会復帰を果たしたばかりですが、現在も通院していますし理解を得ています。
看護師への復帰は、まだ考えられません。
今の職場は、男女の比率が半々であることや、年齢もバラバラなので凄く気持ちが楽です。一時期は人が怖くて、家の外に出る事すら出来ませんでしたが、病状も安定してきて人と接するのは、やはり好きなので接客業が新鮮であり楽しく感じています。

女性が集まるところには嫌がらせあり!

女性が多い職場は、どうしても陰険な嫌がらせは見えない所であると思っています。
下手に相談して、余計に険悪になってしまう事を恐れてしまいますが、信頼できる上司に相談してみる事は重要だと感じます。
それでも状況が改善されないようであれば、新たな場所を見つける勇気も大切だと実感しております。

こんな職場はいやだ!

ページのトップへ戻る